ピアノのお散歩

ピアニスト北中綾子のブログです。音楽やピアノのこと、趣味や日々のことを思いつくままに綴っています。

久保惣でのリサイタル

今日は久保惣記念美術館でのリサイタルでした

お天気もよく割と暖かかったのでよかったです。

近くからも、かなり遠くからもたくさんの方が聴きに来てくださって、ありがとうございました

今日は今までの私にしては珍しく鮮やかな赤のドレスを着ました。なかなかいい感じと勝手に満足していたのですが、プログラム最初のシマノフスキを弾き終えて、舞台袖に一度戻ろうとしている時、ドレスの裾を思い切り踏んづけて、滑ってこけました

客席からは、“あれれ、一瞬にしていなくなった” と思ったそうです

きゃーーーー

これから「あの、こけた人」って呼ばれたらどうしようとか、語り草になったらどうしようとか、色々と大げさに考えているうちに、トークがしどろもどろ(笑)しかもコンサートの最初の方だし、客席は笑ってくれるどころかちょっと凍り付いている感じだし・・・

でもご心配無用。パニックにはなっていないので、演奏には支障ありませんでした

・・・・。

でもこれでもう何も怖いものはなくなったわけですから、かえって肩の力が抜けたのは確かです

さて、今年はドビュッシーにも新たに取り組みましたが、今回はプログラムの半分をショパンで組んだので、久しぶりにショパンに浸る毎日でした。

ショパンを弾く難しさと素晴らしさとを改めて実感しましたが、これからもレパートリーを増やしていこうと思います

コンサートを終えると、ご来聴下さった方々あってこそのコンサートだと感謝でいっぱいの気持ちになります。

また来年も真摯に音楽と向き合っていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します